簡単にDIYを進めよう

初めてDIYをする人でも扱える

洋服掛けをもっと増やしたい

服の種類が多かったり、家族の人数が多いと、すぐにクローゼットがいっぱいになるでしょう。
それでは、洋服をしまえません。
自分で、洋服掛けを作ってください。
購入した住宅なら、穴を開けて洋服掛けを作れます。
ですが賃貸は、壁を傷つけることができません。
必ずディアウォールなど、穴を開けなくてもDIYができる道具を使ってください。

おすすめは、玄関に洋服掛けを作ることです。
コートや、帽子などを掛けておくと、玄関で脱いだり着たりできます。
わざわざ部屋にコートを取りに行ったり、帰宅した時に部屋までコートを置きに行くのが面倒だと感じていた人がいるでしょう。
玄関に洋服掛けを作ることで、そのような手間を省くことができます。

高さを自由に選択できる

洋服掛けを手作りにすると、高さを自由に選択できる面がメリットです。
自分の使用しやすい高さにしても良いですし、子供の背丈に合わせて、専用の洋服掛けを作ってあげても良いでしょう。
子供に自分で洋服を掛けるように言っても、なかなか実行できない子供が見られます。専用の洋服掛けを作ってあげると、積極的に使ってくれるでしょう。

小さいうちから自分のことは、自分でする習慣を身につけさせてください。
自主性を伸ばすことは大事な教育です。
ディアウォールを使えば、洋服掛けを作ったあとも簡単に高さを変えられます。
子供の身長が伸びたら、低い洋服掛けは使いにくくなってしまいます。
子供の成長に合わせて、洋服掛けの高さも変えてください。


TOPへ戻る